見なきゃ損するガチャ♂のオススメ記事一覧

生活うんちく07

うん子ちゃん
動画もあります😉テキストが苦手な人はぜひこちら↓をご覧下さい🤗
よろしければチャンネル登録をお願い致します❤️

1.エアコンはつけっぱなしの方が安い!?

長時間外出するときには誰もがエアコンを消して出かけることが多いでしょう。しかし、短い時間で戻って来る場合はどうするか。エアコンはつけたり消したりする方が電気代がかかるという噂もあることから、迷う人も多いのではないでしょうか?
今回は短時間外出する場合にはエアコンはどうしたらいいのか?できるだけ簡単にわかりやすく解説していきたいと思います。

1-1.エアコンの比較検証事件

8月の猛暑日にエアコンをつけっぱなしにするのと、30分間でオン・オフを繰り返すのでは、どちらの電気代が高くなるのかを調べた検証実験があります。
実験の結果は、暑さの激しい日中と、比較的涼しくなる夜間では、エアコンの有効な使い方が異なることが明らかになっています。


サボテンでできた区切りラインのイラスト画像

1-1-⑴ 30℃以上気温が上がる日中の場合

エアコンを一旦ストップすると、室温は急激に上昇します。このため、30分後にエアコンを再開すると、室温を下げるのに時間がかかってしまって、電力を大きく消費してしまいます。
一方、つけっぱなしにする場合は、もちろん終始一定の室温をキープします。このような安定した運転時には、エアコンは電力をあまり消費しないので、両者を比較すると、やはりつけっぱなしの方が消費電力は少ないという結果になります。


1-1-⑵ 夜間の場合

夜間の方が日中に比べて外の気温は下がっているので、エアコンを切った後の室温上昇はとても緩やかになります。このため、こまめにオン・オフに切り替えても、エアコンがフル回転する時間が少なくてすみ、あまり電力は必要ではありません。
これに対して、つけっぱなしにした場合は日中と同様に、安定した運転を続けてたものの、消費電力量はオン・オフを繰り返すよりも多くなります。


1-1-⑶ 結論

結論としては、日中に短い時間外出をする場合はエアコンはつけっぱなしが経済的です。一方、夜になって気温が下がったら、臨機応変につけたり消したりする方が経済的となります。

サボテンでできた区切りラインのイラスト画像

1-2.最後に

夏の暑い日はエアコンが必須となって、電気代に頭を抱える方も少なくないかと思います。今回の内容をぜひ参考にしてもらえればと思います。

*エアコンについての別のうんちく記事はこちら⬇︎⬇︎

ブログのメインキャラクターであるうん子ちゃんがピンクの吹き出しで「SEE YOU NEXT TIME!!」と言っているイラスト画像

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事