見なきゃ損するガチャ♂のオススメ記事一覧

NEXTistLifeWork

うんち君
動画もあります😉テキストが苦手な人はぜひこちら↓をご覧下さい🤗
よろしければチャンネル登録をお願い致します🙇‍♂️💦

1.寝る前に湯が熱い入浴は厳禁

皆さんは寝る前に熱めのお湯に浸かって、体を十分に温めてから布団に入るとよく眠れると思っていませんか?実はこの方法では逆に寝つくことが難しくなってしまって、不眠の原因になりかねません。
今回は寝る前に熱めのお湯に浸かることで、どうして寝付けなくなってしまうのか?その理由について、できるだけ簡単にわかりやすく解説をしていきたいと思います。

1-1.熱めのお湯に浸かると

個人差はありますが人が熱いと感じる湯の温度はおよそ42℃程度になります。これに対して40℃以下くらいの温度であればぬるいと感じる人が多いといわれています。
寝る前に熱めのお湯に浸かると眠れなくなってしまうのは、熱いお湯の刺激によって自律神経の交感神経が刺激されるからになります。この交感神経が刺激されると、体が緊張してしまってアドレナリンが分泌されて、体が活動モードに入ってしまいます。この活動モードは2時間くらい続くので、入浴後すぐに眠ろうとしても眠気は起こりません。ですから寝る直前に熱めのお湯に浸かった場合は、翌朝には寝不足になってしまう可能性が高いということになります。熱めのお湯が好きな人は、少なくとも床に就く2時間前には入浴を済ませておくようにしましょう。


葉っぱでできた区切りラインのイラスト画像

1-2.寝る前はぬるめの湯がおすすめ

気持ちよく眠りにつきたいのであれば、寝る前にぬるめのお湯に浸かることがとてもおすすめです。40℃以下くらいのお湯で温まると、熱めのお湯とは逆に副交感神経が優位になって体がリラックスします。
ぬるめのお湯に浸かると、一旦体の深部体温が上昇して、その後皮膚から熱が逃げることによって深部体温が下がります。この深部体温が下がっていく時に人は最も寝付きやすくなるので、寝る前にぬるめのお湯に浸かることはとても効果的です。逆に熱めのお湯に浸かると交感神経の働きで深部体温はなかなか下がらないので、寝る直前に熱いお湯に浸かってはいけません。


葉っぱでできた区切りラインのイラスト画像

1-3.最後に

自律神経は活動に優位な交感神経と、休息に優位な副交感神経が相互にバランスを取り合うことで人間の体のバランスを調整しています。お湯の温度次第で体が活動モードに入るのか、休息モードに入るのか、簡単に自律神経のスイッチが切り替わってしまいますので、お湯の温度の好みに合わせて、入る時間帯と適切な温度を調整するようにしていきましょう。

ブログのキャクターであるうんち君が青い吹き出しで「SEE YOU NEXT TIME!!」と言っているイラスト画像

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事