見なきゃ損するガチャ♂のオススメ記事一覧

NEXTistLifeWork

うんち君
動画もあります😉テキストが苦手な人はぜひこちら↓をご覧下さい🤗
よろしければチャンネル登録をお願い致します🙇‍♂️💦

1.脂肪をため込みにくい時間帯とは!?

私たち人間の体にはいろんな形で体のバランスを調整する『一定のリズム』が存在します。そのリズムの特徴を知り、それに合わせることによって、より健康的な生活をおくることができます。
今回は体のリズムの中でも、食べても太らない、脂肪をため込みにくい時間帯について、できるだけ簡単にわかりやすく解説していきたいと思います。

体重計のイラスト画像

1-1.BMAL1(ビーマルワン)

私たちの体内にはある一定のリズムが存在していて、夜は眠くなり朝目覚めるのは、この体のリズム(体内時計)に沿って、生命活動を営んでいるためです。
BMAL1は体内時計に関係する遺伝子であると同時に、脂肪の分解を抑制して体内にため込みやすくする働きがあります。最近の研究でこのBMAL1は時間帯によって変化することが明らかになりました。


葉っぱでできた区切りラインのイラスト画像

1-2.BMAL1の弱る時間帯

BMAL1は夕方6時頃から徐々に作用が強くなり、深夜2時頃から最も強くなったあとで徐々に弱っていきます。
BMAL1の作用が強い時間帯に食事をとると太りやすく、BMAL1の作用が弱くなる時間帯に食事をとると肥満予防になります。つまり

⭐️昼食はBMAL1の作用が最も弱い午後2時前後

⭐️夕食はBMAL1の作用が強くなる前の夕方6時頃

この時間帯が太りにくい食事のベストタイミングになります。

葉っぱでできた区切りラインのイラスト画像

1-3.BMAL1の特徴

🔶 1日の中で規則的に分泌量が変化する

🔶 分泌量が多くなるのは夜間帯

🔶 分泌量が少なくなるのは午後2時頃

🔶 分泌量が多い時間帯に食事をすると太りやすい

どうしても脂肪分や糖質を摂取したい時は、適量を午後2時前後にとるのがベストです。

BMAL1の比内変動値を表した折れ線グラフの画像

BML1のグラフを見ると、『3時におやつを食べる』ようになった理由や、『夜間に食べると太る』ということが、BMAL1の分泌に関係していることがよくわかるかと思います。

葉っぱでできた区切りラインのイラスト画像

1-4.最後に

昼食と夕食をBMAL1のリズムに合わせて、毎日とは言わずできる限り分泌の少ない時間に摂取することを心掛けるだけでも、健康的な生活に簡単に一歩近くことができるかと思いますので、ぜひ意識的に調整するようにしてみてはいかがでしょうか?

ブログのメインキャラクターであるうんち君が青い吹き出しで「SEE YOU NEXT TIME!!」と言っているイラスト画像

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事