見なきゃ損するガチャ♂のオススメ記事一覧

NEXTist LifeWork

うんち君
今回は食べるコラーゲンについての説明だよ🤗
塗るコラーゲンと2部に分けての公開にするからね😉
ムク♂
コラーゲン食べてお肌ぷるんぷるんではないのかい?気になるな〜🤔

 

1.食べるコラーゲン

『お肌プルプル‼︎』『肌若返り‼︎』『弾力のあるお肌に‼︎』

コラーゲンを摂取することで『お肌にいい』というイメージがあります。 コラーゲンはタンパク質の一種で体内にあるタンパク質の約30%はコラーゲンになります。そのうち主に皮膚や軟骨に使用され、気になるお肌(皮膚)は、約70%がコラーゲンで構成されていますその他、全身の内臓や血管にも幅広く機能維持に活躍をしています
コラーゲンは3種類のアミノ酸(グリシン、プロリン、ヒドロシキプロリン)が繋がってできた鎖を、3本組み合わせた構造『3重螺旋構造』をしています。現在発見されているコラーゲンの種類は28種類あり、主に皮膚に使用されるⅠ型コラーゲンと軟骨に使用されるⅡ型コラーゲンなど様々な種類があります。28種類のうち9種類が皮膚構成に使用されているコラーゲンですが、28種類全てのコラーゲンの性質や機能はまだ解明されていません

 今回は医学的観点からコラーゲン摂取で本当にお肌がプルンプルンになるのか?ということについて分かりやすく解説していきたいと思います😉

おさらに入ったゼリー状のコラーゲンをスプーンですくっている写真


 

1-2.コラーゲンの消化・吸収

消化吸収とは、体内の消化器官で栄養素を各分子レベルまで分解し吸収することをいいますここではまずコラーゲンの消化・吸収について解説をしていきます。

缶に入った粉状のコラーゲンをさじですくっている写真

 

 コラーゲンは3つのアミノ酸の集合体ですので消化機能によって各アミノ酸やペプチドなどの小さい分子レベルまで分解されてしまいますということはコラーゲンが直接吸収され、お肌や軟骨などに使われるわけではないということです。

 では最近流行りのコラーゲンペプチドなら『お肌プルプル』になるのでしょうか?

 コラーゲンペプチドは普通の高分子コラーゲンと比べ、「消化吸収されやすい」と宣伝され「普通のコラーゲンよりお肌プルプル」と女性に注目を集めています。

これは事実なのでしょうか?

 確かに普通の高分子コラーゲンよりは最初からある程度分解されている状態での消化に入ることやコラーゲン自体は熱さないと水に溶けず消化されにくいものなので、普通のコラーゲンに比べ消化は早いです。吸収過程も細かく分解されたアミノ酸に比べアミノ酸よりも大きな分子状態であるペプチドでの吸収が多くなることから、吸収も普通のコラーゲンに対し効率がいいです。近年ではほとんど血中に吸収されいないと言われていたコラーゲンペプチドがかなりの量で血液中に直接吸収されいることが証明されました。

コラーゲンペプチドの効果

⭐️繊維芽細胞による肌を潤すヒアルロン酸合成促進(肌の保湿力アップ

⭐️骨芽細胞の骨合成酵素群増加(骨密度の増加)

⭐️軟骨細胞のヒアルロン酸合成促進(関節痛軽減)

⭐️軟骨が硬くなることを抑える骨化抑制(運動機能維持)

しかし、コラーゲンペプチドを摂取したからといって、通の高分子コラーゲンよりもすぐに『お肌プルンプルン』になるのか?というところですが
コラーゲンペプチドを摂取することによって普通のコラーゲンよりも消化吸収の効率はよくなり、身体によい様々な効果は期待できますがあくまで吸収されたアミノ酸やペプチドが優先してお肌のコラーゲン生成に使用されるという訳ではありません
 1日の吸収量が決まっていたり継続性やコスト面を考えると、結局はバランスの良い食事を継続して、その中で良質なタンパク質を摂取していく方が無難で効率的だとということになります。
ただコラーゲンペプチドが、普通の高分子コラーゲンに比べ消化吸収の効率がいいことは事実です良質なタンパクが摂取できる=身体が健康になりお肌も綺麗になるという意味でも、コラーゲンペプチドを意識的に取っても決して無駄なことではありません


葉っぱでできた区切りラインのイラスト

1-3.栄養素としてのコラーゲン

『コラーゲン鍋』が流行りましたよね?
フカヒレや鶏皮、牛すじ、うなぎ、アジの開き、なまこなどコラーゲンを多く含む食品は数多くあります食物から取れるコラーゲンには主に魚由来のコラーゲンと、牛や鶏などの哺乳類から抽出されたコラーゲンの2種類がありますが、成分に大きな違いはありません。
 コラーゲン自体は栄養価は非常に低く、様々な食物で摂取したタンパク質をもとに体内で作り出されるものなので、わざわざコラーゲンを選んで意識的に摂取する必要はありません。要は高額なコラーゲンの製品やサプリを摂取するくらいであればアミノ酸やペプチドのサプリを摂取した方が話が早いってことになります。 ただし、闇雲にアミノ酸やペプチドなどタンパク質を取ればいいという訳ではなく、体内のコラーゲン生成に向けて他の栄養素とバランスよく摂取することが大切です
コラーゲンを作り出すためには、ビタミンCが必要不可欠な成分になります。

サーモンや鶏肉、ダズなどタンパク質を多く含む食物の写真

 

コラーゲン生成に必要なビタミンCの役割

コラーゲンはプロリンやグリシンなど様々なアミノ酸でできていますが、コラーゲンが合成される過程にプロリン+水(水酸化)でコラーゲンにほとんど存在しないヒドロキシプロリンが合成されます。このヒドロキシプロリンがあることでコラーゲン繊維がしっかりと機能するようになります。
ビタミンCはプロリン+水(水酸化)=ヒドロキシプロリン生成に必要な酵素であるプロリルヒドロキシナーゼを助ける働きがあります。プロリルヒドロキナーゼによってプロリンがきちんと水酸化されないと、コラーゲンの繊維構造(3重螺旋構造)がしっかりと構成されず、結果コラーゲンの生合成が上手くいかないことでコラーゲン繊維が崩壊し、肌が荒れたり、血管が脆くなったり、脆い骨になったりに全身のトラブルに繋がります。

 

ビタミンCは身体を老化させる活性酸素も除去してくれますのでコラーゲン生成も含め、ビタミンCは美肌に欠かせない栄養素です


葉っぱでできた区切りラインのイラスト

1-4.コラーゲンとお肌の関連性

 コラーゲンは身体の細胞と細胞を繋ぐ役割をしているためコラーゲンが減少してしまうとシワやたるみができたり、骨や筋肉、血管など身体の至るところが脆くなってしまいます
ここではコラーゲンと肌の関連性について簡単に解説をしていきます。

女性が両手で両頬を触っている写真

 

1-4.⑴ コラーゲンの糖化

コラーゲンは代謝が遅く合成されてから10〜20年もかかってゆっくりと分解されていきます。
長期間体内に存在することから紫外線やストレス、老化などによって血中に存在する糖分とコラーゲンが結合(糖化)してしまい、繊維が脆くなることでシワやたるみの原因になってしまいます
もともとコラーゲンは白いものですが糖化することによって変色して黄色になり、それが肌の色に反映されるということが明らかになっています。そして、コラーゲンの量が少ないと肌が暗く見えてしまいます。


葉っぱでできた区切りラインのイラスト

1-4.⑵ 外的刺激によるコラーゲン破壊

 老化によって糖化が進んだりコラーゲンの生成量や数が低下したり新陳代謝も悪くなって、そこに外的刺激(紫外線や乾燥など)が加わると、外的刺激によって破壊されたコラーゲンが蓄積し上手く代謝されず、そこに新しいコラーゲンが生成され新しいコラーゲンと古いコラーゲンが重なって層状になってしまいますこの古い壊れたコラーゲンはゴミのように蓄積し中々代謝されず、シミやたるみ、シワの原因になってしまいます。

肌の老化は自然に歳を重ね老化していくという意味では、肌は本来老化のみでそれほどダメージを受けないそうですなので肌の衰えはほとんどが紫外線や乾燥などの外的刺激が原因となります
紫外線が皮膚に当たると様々な分解酵素を生成しコラーゲンが破壊され、代謝されなければ蓄積されてしまうので、若い時から紫外線対策はしっかりしておきましょう


葉っぱでできた区切りラインのイラスト

1-5.最後に

結果としてコラーゲンを摂取しても一旦小さく分解され、他のタンパク質を摂取した時と変わらない状態になって吸収されるため、直接的に『お肌プルンプルン』には効果がないことを説明しました。
しかし、タンパク質を摂取するには変わりありませんので、無駄になるわけではありません。
注目のコラーゲンペプチドも様々な効果が実証されてきており大変興味深い成分ではありますが、ややコストがかかる上に継続しなければいけないことや、吸収率やお肌への効果など実用性を考えると、コラーゲンにこだわらずバランスのいい食事摂取を心がけ継続する方が、『お肌プルンプルン』を目指すには効率的だと思います。
老化での肌の衰えは少ないので、まずは外的刺激(紫外線や乾燥)の対策ケアをしっかり行なっていきましょう

ムク♂
コラーゲン化粧水は効果あるじゃろ〜😄次回も楽しみにしとるよ〜🤗
ひらけポンキッキのキャラクターであるムックが吹き出しでまた来てね〜❤️といっている写真

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事