見なきゃ損するガチャ♂のオススメ記事一覧

NEXTistLifeWork

1.部分的なダイエットは不可能

『お腹の脂肪を落としたいから腹筋をしよう』『二の腕の脂肪を取りたいからダンベルしよう』など、脂肪を落としたい部分を集中的に筋トレすることで、部分的に痩せることができると思っていませんか?
実は部分的に痩せさせることはできません。今回はその理由について簡単にわかりやすく解説をしていきたいと思います。

1-1.痩せるメカニズム

腹筋をすれば腹筋が強化され、ダンベルをすれば二の腕が強化され太くなる。しかし、残念ながら、これが部分的に痩せることにはなりません。
無酸素運動(筋トレ)によって多く分泌される成長ホルモンは、脂肪を燃焼させるために非常に重要な働きをもっています。この成長ホルモンは血液中に分泌され全身を巡り、その成長ホルモンの指令によって体内にある脂肪細胞が分解され、そこから遊離脂肪酸が排出されることでエネルギーとして脂肪が燃やされます。このような脂肪燃焼のメカニズムから、体に存在する余分な脂肪は、全身同じバランスで均等に燃焼されて減っていくことになります。極端にいうとおっぱいだけを残して、他の脂肪だけを落とすことはできないということです。

葉っぱでできた区切りラインのイラスト画像

1-2.無酸素運動(筋トレ)だけではダイエット効果は出にくい

腹筋や腕立て伏せなど、いくら頑張って無酸素運動(筋トレ)をして汗をかいたとしても、直接的に脂肪を燃焼させる効果はかなり少ないです。無酸素運動(筋トレ)は辛くてきついトレーニングなので、相当なエネルギーを消費しているように感じるかもしれませんが、有酸素運動(ウォーキングやジョギング)と比べると消費エネルギーはかなり少ないのです。

*効率的な無酸素運動と有酸素運動の組み合わせ方については以下の記事をご参照下さい。

葉っぱでできた区切りラインのイラスト画像

1-4.無酸素運動(筋トレ)の後発的なダイエット効果について

無酸素運動(筋トレ)を繰り返すと筋肉がつくことで基礎代謝が上がってきます。そうなるとトレーニングをしていないときでもエネルギーが消費されやすくなり、少しずつ痩せやすい体へと変化していきます。そして筋肉がついてくると体のラインも引き締まって見え、痩せているように見える効果も出てきます。ただ、基礎代謝で痩せるようになるには、相当ハードなトレーニングを継続して毎日行っていく必要があるので相当大変です。

葉っぱでできた区切りラインのイラスト画像

1-5.最後に

今回説明しましたように無酸素運動(筋トレ)を行うことですぐに部分的に脂肪を燃焼される効果はありません。しかし、有酸素運動と組み合わせることで必ずいい効果が出てくるので、継続できるように無理をせず自分のペースで頑張りましょう。

ひらけポンキッキのキャラクターであるガチャピンが緑の吹き出しで「最後まで読んでくれてありがとうございました❤️」といっているイラスト画像

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事