見なきゃ損するガチャ♂のオススメ記事一覧

NEXTist LifeWork

1.最高の英才教育は足ツボを突くこと!?

英才教育が色々な方法がありますが、中でも特に効果のある足ツボ英才教育という方法があります。
今回は小さい頃に足の裏を刺激すると、どのようにいい効果があるのかについて簡単にわかりやすく説明していきたいと思います。

子供の足と親の足が布団から出ている写真

 

1-1.運動神経と足ツボの関係

皆さん下記の有名なスポーツ選手たちをご存知でしょうか?

有名なスポーツ選手一覧

🏌️‍♀️石川遼(ゴルフ)

⚾️松坂大輔(野球)

⚾️イチロー(野球)

浅田真央(フィギアスケート)

🥋野村忠宏(柔道)

🏌️‍♀️丸山茂樹(ゴルフ)

⚽️三浦和良(サッカー)

⚽️長友悠斗(サッカー)

 

この有名なスポーツ選手たちにはある共通点があります。それは幼少期の頃から裸足で走り回ったり、柔道や空手など裸足で行うスポーツをしたりなど、幼い頃から何らか形で足の裏に刺激を多く受けていた🦶という点です
そして、上記の有名なスポーツ選手一覧に赤字で記載している4名は『幼い頃から毎晩寝る前に親が足の裏をマッサージしていた』そうです。

 

乳幼児期に行う足ツボマッサージの効果

個人差はありますが人間の神経系は5〜6歳までにおよそ80%まで発達成長し、12〜13歳で100%の状態に発育を終えると言われています。足の裏には反射区(ツボ)が集中しており、『第二の心臓』と言われるくらい重要な神経が通った部位です。この足の裏を幼少期より刺激することによって、運動・知覚など全ての感覚が刺激され、発達促進効果は数えきれない程あります。

 

メジャーリーガーのマリナーズイチロー選手の写真

野球のイチロー選手は、幼い頃から野球の英才教育が徹底していたことで有名です。私もイチロー選手の父親が『毎晩イチローの足の裏を揉んであげていた』という話から、この話題を調べるに至りました。


葉っぱでできた区切りラインのイラスト

1-2.足ツボ刺激による具体的な効果は!?

足ツボ刺激には以下の効果があります

足ツボ刺激による効果一覧

🔷運動神経がよくなる

🔷頭がよくなる

🔷集中力が上がる

🔷リラックス効果がある

🔷免疫力が高まる

🔷食事が美味しくなる

🔷ダイエット効果

🔷美肌効果

🔷便通改善

🔷バランス感覚がよくなる

🔷姿勢がよくなる

などなど

足ツボの刺激は運動や知覚だけでなく、脳を活性化させ集中力も上がりますので幼少期の知能発達にも多大な影響を与えます。運動神経だけではなく頭もよくなりますので実践しない手はありません。

足ツボと臓器の名所が書いてある写真

もちろん足裏の過剰な刺激しすぎはよくありません。特に乳幼児期の身体はデリケートですから過剰に刺激することによって逆に体調を崩すことがあります。

外人の赤ちゃんが怒っている顔の拡大した写真

🔸寝る前に寝つきがよくなる程度に行

🔸裸足のスポーツをさせる

🔸裸足で遊ぶようにさせる

 くらいが最適かと思います


葉っぱでできた区切りラインのイラスト

1-3.最後に

 足ツボを刺激する意味で裸足での運動は神経が刺激され、運動神経、知覚能力は格段に磨かれていきます

最近の子供には

🔹足の血行が悪い

🔹土踏まずがなく扁平足

🔹姿勢が悪い

などの子供が増えているそうです
最近では裸足教育』を導入している施設も増えているのそうですが親として子供の成長のためにしてあげられることはできる限りしてあげたいですよねぜひ足ツボ英才教育お試しください😉

うんちのキャラクターが吹き出しでSEE YOU NEXT TIME!!と言っている写真

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事