見なきゃ損するガチャ♂のオススメ記事一覧

NEXTistLifeWork

うんち君
動画もあります😉テキストが苦手な人はぜひこちら↓をご覧下さい🤗
よろしければチャンネル登録をお願い致します🙇‍♂️💦

1.お肌の大敵はAGEや糖質!?

最近は女性だけではなく男性もシワやシミを気にするようになってきました。このシミやシワといった肌の老化現象は、糖質の過剰摂取やAGEによる肌への影響が原因となってきます。
今回はどのようにしてAGEや糖質が肌へ悪影響を及ぼすのか?できる限り簡単にわかりやすく解説していきたいと思います。


1-1.コラーゲンの破壊による肌の老化現象

人間の体になるタンパク質の約70%がコラーゲンでできています。コラーゲンは3本の繊維からできており、その繊維が伸び縮みすることで肌の張りや弾力を保っています。しかし、その繊維にAGEがくっつくことで弾力性が失われてしまいます。そして、その弾力が失われた部分にシワができ、 AGEが溜まったところに茶色のシミができます。これが肌の老化現象です。
もともとコラーゲンは白いものですが、余分な糖質とコラーゲンが結合(糖化)することによって変色して黄色になり、それが肌の色に反映されるということが明らかになっています。そして、コラーゲンの量が少ないと肌が暗く見えてしまいます。

1-2.吹き出物やニキビの原因は糖質

吹き出物やニキビの原因は脂質ではなく糖質が原因です。チョコレートを食べてニキビができると、そのニキビはチョコレートによる脂質のせいと思われがちですが、実は余分な糖質が中性脂肪に換えられたものが皮膚に溜まってしまうというのが正解です。『ニキビができるから油っぽいものを控えて、さっぱりしているそばを食べる』というのは逆効果で、かえってニキビを悪化させることに繋がります。

1-3.AGEを身体に溜める4つの原因

ここでは、老化の元凶であるAGEを体内に溜め込んでしまう原因を大きく4つに分けて簡単に解説をしていきます。

1-3-⑴ 高血糖

糖質の過剰摂取で血糖値が上昇すれば、それだけ体に余分な糖質が溢れ、タンパク質や脂質と結合することで多くのAGEを産生してしまいます。 この高血糖によるAGEの産生も、糖尿病の方がいろんな病気を併発しやすい要因の一つとなっています。

1-3-⑵ AGEの多い食べ物

体内で作られるだけはなく、食品の中でも脂質やタンパク質とブドウ糖が結合することでAGEは増えてしまいます。食品に含まれたAGEは調理法で量を変化させることができます。揚げたり焼いたりなど高熱を加えるとAGEは急激に増え、お酢やレモン汁を使用することでAGEを減らすこともできます。

*詳しくは以下の記事をご参照下さい。
食品のAGE含有率を示した表も載せています😉

1-3-⑶ 紫外線

紫外線がシワ、シミの原因になるのは、紫外線を浴びることでAGEが急激に増えるからです。ある調査では紫外線を浴びない腹部のAGEの量は1.34倍だったのに対し、紫外線を浴びた眉間は29.7倍、その差なんと22倍だったそうです。それだけ紫外線がシミやシワの原因であるAGEを増やしやすいということになりますので、日差しが強い場所に出るときは必ず日焼け止めクリームを塗るようにしましょう。

*日焼け止めクリームの選択方法について詳しく知りたい方はこちら↓↓

1-3-⑷ タバコ

タバコを吸うと30分くらいかけて体内にAGEが増えてきます。タバコの有害性についてはここであえて詳しくは触れません。健康のために禁煙は必須です。

*下記はタバコの健康被害について簡単に書いた記事です。興味のある方はぜひ😉↓↓

1-4.最後に

お肌のトラブルや老化には、糖質やAGEが深く関わっていることがわかっていただけたかと思います。まずは一度食生活を見直して、体の内側から綺麗にしていきましょう。美容もダイエットも、高い化粧品やきつい運動を行うより、まずは食事の糖質制限から行う方が、圧倒的に身体にもよく効率的なので、私は今すぐ糖質制限を行っていくことを強くおすすめ致します。

ひらけポンキッキのキャラクターであるムックが赤い吹き出しで「また来てね〜❤️」と言っているイラスト画像

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事