見なきゃ損するガチャ♂のオススメ記事一覧

NEXTistLifeWork

1.清潔な頭皮や頭髪を保つために

私たちの生活は毎日お風呂に入り、シャンプーすることは当たり前になっています。しかし、最近毎日シャンプーすることは頭皮や頭髪によくないという話をよく耳にするようになってきましたが、これは本当なのでしょうか?
今回は、頭皮や頭髪の機能も含め、シャンプーを使った正しい洗浄の仕方について簡単にわかりやすく説明していたきたいと思います。


結論からいうと毎日頭をシャンプーで洗う必要はありません。その理由について説明していきます。



1-1.皮脂の役割

頭皮などの皮膚には皮脂腺があります。この皮脂腺から皮脂が分泌されますが、皮脂と聞けば汚れで落とさなければいけないようなイメージがあるかと思います。しかし、この皮脂は体を守る大切な機能を持っています。それは、皮膚の表面に体を外敵から守るために存在する常在菌の餌になるということです。皮脂を食べた常在菌は脂肪酸を作り出し、皮膚の表面を酸性に保つことで細菌やウイルス、アレルゲンなどから体を守っています。
頭皮の場合、皮脂は頭皮だけでなく髪の毛まで広がっています。髪が艶をもっている状態は適度な皮脂があることで髪の毛の表面が守られているということができます。髪の毛を洗いすぎるとこの皮脂が取れてしまいます。



葉っぱでできた区切りラインのイラスト

1-2.髪の主成分ケラチンタンパクと界面活性剤

シャンプーの中には界面活性剤が入っており、これはしっかりと洗い落とさないと髪の毛の表面に残ってしまいます。この界面活性剤は汚れの原因となる皮脂やタンパク質を落としますが、きちんと洗い流さないと頭皮・頭髪の重要な主成分であるケラチンタンパクを溶かしてしまい、炎症を起こして痒くなったり髪の毛や頭皮が傷んでしまう原因となります。界面活性剤は肌に残ると皮膚表面のタンパク質を溶かしてしまうので、肌についた場合もしっかり洗い落としておかないとシワやシミの原因になりますので注意が必要です。

美容室やヘアエステなどで使用するプロ用のシャンプーは低刺激な洗浄成分と植物由来の高級アルコール系アニオン界面活性剤剤などバランスよく配合されています。これは普段家庭で使用するシャンプーよりもちろん割高になりますし、成分の質も違いますので髪の毛や頭皮にいいシャンプーを選ぶためには、その分費用もかかるということになるでしょう。


うんち君
シャンプーの選択に困ったら美容師さんに相談してみましょう☝️



葉っぱでできた区切りラインのイラスト

1-2.髪を洗う頻度

髪を洗う正しい頻度には個人差があります。それは皮脂が多く頭皮や髪の毛がべたつきやすい方は毎日洗った方がいいですが、そうでない人は毎日洗う必要はなく2〜3日に1回でいいそうです。ここまでの『洗う』は、お湯で洗い流す場合です。シャンプーで洗浄する頻度についてですが石鹸で頭皮を洗い流すと、表面の常在菌が90%ほど洗い流されてしまうと言われています。毎日シャンプーで洗わないと汚いような気がしてしまいますが、シャンプーによって毎日皮脂や常在菌を洗浄し洗い流してしまうことで、逆に頭皮や頭髪の防衛機能や、艶や潤いを失うことになりかねません。


葉っぱでできた区切りラインのイラスト

1-4.正しい頭皮・頭髪の洗浄方法

皮脂が増えすぎると毛穴に詰まったりして抜け毛の原因になりますが、逆にシャンプーにより皮脂や常在菌を取り除きすぎてしまうと頭皮の乾燥状態や髪の毛の傷みに繋がっていまします。べたつきも乾燥もない人はお湯だけで洗っても水溶性の汚れはほぼ落ちますし、余分な皮脂も適度に落とすことが可能ですのでお湯で3〜5分ほど洗い流し、シャンプーを使用したい場合は2〜3日に一度洗浄力が弱めのものを少量使うようにしましょう。そして、シャンプー使用後は成分が残ってしまうと髪の毛の大切な成分や頭皮を傷めてしまうので、しっかり洗い流すように心掛けましょう。


葉っぱでできた区切りラインのイラスト

1-5.最後に

シャンプーやボディーソープ、歯磨き剤など体を綺麗にするために使用する界面活性剤は、何れにしても洗い過ぎや使いすぎは本来体がもっている素晴らしい機能を壊してしまいます。当たり前のことが間違いだということが常識となっていることは本当によくあります。正しい知識を得て、正しい健康活動を行っていきましょう。

ひらけポンキッキのキャラクタームックが赤い吹き出しで「また来てね〜❤️」と言っているイラスト写真

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事