見なきゃ損するガチャ♂のオススメ記事一覧

NEXTistLifeWork

うんち君
動画もあります😉テキストが苦手な人はぜひこちら↓をご覧下さい🤗
よろしければチャンネル登録をお願い致します🙇‍♂️💦

1.大学病院は本当に安心なのか !?

施設規模が大きい有名な大学付属病院で、手術や治療を受けることが安心だと思っていませんか?
確かに大学病院は規模も大きく、研究機関でもあるため優秀な人材や最新の設備も整っています。しかし、実際は安心とは言えません。なぜ大学病院で手術や治療を受けることが安心とは言えないのか、今回は大学病院の実態についてわかりやすく解説していきたいと思います。


1-1.大学病院が安心ではない理由

最新の設備を必要とする難易度の高い手術や、治療が難しい難病の場合は確かに先進医療を受けることができる大学病院を受診したほうがいいという場合が多いでしょう。しかし、ある程度の設備が整っている病院であれば、同じ手術や治療を受ける場合には大学病院ではなく他の病院で手術や治療を受けた方がいい理由が2つあります。それは『安心安全な手術や治療の提供は最新設備ではなく医師の力量に左右される』『大学病院が教育・研究機関であること』です。1つずつ簡単に説明していきます。


葉っぱでできた区切りラインのイラスト

1-1-⑴ 安心安全な手術や治療の提供は最新設備ではなく医師の力量に左右される

確かに最新の設備が整っていると最先端の先進医療を受けることができます。しかし、問題は手術や治療を行うのは機械ではなくその機会を使用する医師ですから、まずはその設備をきちんと使いこなすことができる力量があるのか?ということになってきます。新しい機械や設備は確かに便利で効率がいいものかもしれませんが、それを使いこなすまでには、かなりの時間をかけて経験と技術を磨かないといけません。新しい機材を使いこなし熟練した技術を手に入れるには時間がかかりますし、もちろんその医者が優秀であるのか、その力量にも全てが左右されます。大学病院でなくても優秀な医者はたくさんいますし、ある程度の設備で物凄い手術をするスーパードクターもたくさんいます。
あくまで管理人の個人的な見解ですが、本当に優秀で突出した医者は大学病院にはいない傾向にあるのかと思います。それはドラマ『白い巨塔』で現代の過激な医師の権力争いが描かれたように、大学病院の医局という特殊な組織で、教授まで成り上がったり地位を得るためには、もちろん優秀な知識や技術が必要ですが、それ以上にコミュニケーション能力や財力も必要になります。優秀な医師は自分独自のやり方や考えを持っている医師が多く、そういう医師は大学の組織では敬遠されがちです。優秀な医師はすぐに成り上がって教育・指導の立場になるか、大学病院から外の病院に移動させられていることがほとんどでしょう。
今の時代、病院規模や病院設備に人が集まるのではなく、優秀な医師の元に人が集まる時代ですので大学病院なので安心という訳では決してありません。


1-1-⑵ 大学病院が教育・研究機関であること

大学病院は教育や研究機関であるため、若い医師や研修医、学生を教育する病院であるということです。このため簡単な手術や治療になると尚更経験の浅い医師や研修医が担当することが多くなります。私の経験上、患者は麻酔で寝ているため了承を得ていなくてもベテラン医師の指導のもと、部分的に若い医師や研修医に執刀を任せることも多々あります。時には教える技術すらもっていない医師が若い医師や研修医に偉そうに指導をする姿を見かけることも少なくありません。確かに新しい医師たちを育てないといけないのはよくわかりますが、自分の命に関わってくるとなると話は別ですよね。。。

葉っぱでできた区切りラインのイラスト

1-2.最後に

アメリカでは今回説明したような大学病院が教育・研究機関であるということから、一般病院に比べ手術費用が安いというような状況です。大学病院であれば安心、設備が整っていれば安心という考えは捨てて、質の高い医療を受けるためには、優秀な医師を探しその医師に執刀や治療をしてもらえるように依頼しましょう。患者には全てを選択できる権利と、医師には患者の意見を尊重する義務があります。自分の命に関わることですので、気を使わず言いたいことはしっかりと医師に伝えるようにしましょう。

ブログのオリジナルキャラクターであるうんち君が青い吹き出しで「SEE YOU NEXT TIME!!」と言っているイラスト画像

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事