見なきゃ損するガチャ♂のオススメ記事一覧

生活うんちく12

うん子ちゃん
動画もあります😉テキストが苦手な人はぜひこちら↓をご覧下さい🤗
よろしければチャンネル登録をお願い致します❤️

1.日中に掃除機をかけるべきではない!?

一般的に掃除機をかける時間帯は、午前中が多いのではないでしょうか?
実は和室に掃除機をかける際、日中にかけても重要なターゲットを上手く吸い取ることができません。
今回は日中に和室に掃除機をかけるとどうのような問題があり、それに対してどうのような改善策があるのか?できるだけ簡単にわかりやすく解説していきたいと思います。

いろんな掃除機のイラスト画像

1-1.和室と洋室の決定的な違い

和室と洋室で最も大きく違うところはもちろん床になります。そこで掃除機をかける上で決定的な違いは、和室の畳には、フローリングにはいないダニが潜んでいます。中でも新しい畳には湿気が多く含まれているので、注意が必要です。それは、新築後や畳を入れ替えた場合、その後約3年ほどの間、ダニにとっては格好の住みやすい環境がキープされてしまいます。

サボテンでできた区切りラインのイラスト画像

1-2.ダニを退治するベストな時間帯

ダニが畳の表面にいれば、掃除機で吸い取ることができます。しかし厄介なことにダニは夜行性になるので、昼間は畳の中に潜って明るい時間帯に掃除機をかけてもなかなか捕獲することはできません。
そして、日が沈んで暗くなるとダニは活動的になって、畳の表面に出てきます。こうなると掃除機で簡単に退治することができます。ですので、和室で掃除機をかけるベストな時間帯は夜になります。


サボテンでできた区切りラインのイラスト画像

1-3.効率よくダニを退治する方法とは!?

夜に掃除機をかけるとなると、音が響いて周囲の迷惑になる可能性もあるので、特に集合住宅などに住んでいると難しいかもしれません。そこで、日中でもダニを退治する面白い方法があります。それは昼間でも夜に似た状況を作り出すことでダニを退治するという方法です。
この方法はまず日中に窓のシャッターや雨戸を閉めて、室内を真っ暗にしてしまいます。あるいは夕方になって日が落ちてきたら厚手のカーテンを閉めて暗くします。暗くなって1時間も過ぎれば、ダニが夜になったと勘違いして、餌を求めて畳の表面に出てきます。そこを掃除機をかけて退治してしまいましょう。
ダニは和室だけでなく、洋室にしいたカーペットの中にも潜んでいます、同じように擬似的に夜の状況を作り出して、掃除機がけをすることによって、取り除くようにしましょう。


サボテンでできた区切りラインのイラスト画像

1-4.最後に

ダニの死骸やフンを吸い込むとアトピー性皮膚炎や喘息になってしまいます。主婦の方は家事に育児など何かと大変かとは思いますが、毎日の習慣に少しだけでも手間や工夫を加えるだけで、生活環境をより快適に過ごすことができるようになりますので、可能な範囲でぜひ今回紹介した方法を取り入れていただければ幸いです。

同じダニつながりで、布団を干してバンバン叩いてもダニは死にせんよーっという記事を出してます。気になる方はぜひご覧ください🤗

ブログのメインキャラクターであるうん子ちゃんがピンクの吹き出しで「SEE YOU NEXT TIME!!」と言っているイラスト画像

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事